10月のプラネタリウム

10月31日(日)は青少年育成協議会東灘支部様主催のプラネタリウムを神戸市立東灘小学校で実施させていただきました。昨年はコロナウイルス感染症蔓延で中止になり、久々の投影となりました。申し込みいただいた方も多く、倍率は2倍ほどになったとのこと。嬉しさと申し訳なさでちょっぴり複雑・・・

投影は感染症対策万全で行いました。定員も6mドーム定員40名の半数、20名で実施。参加者は手袋装着。現地スタッフの皆さんがCO2センサーも提供してくださいました。

子ノ星教育社のプラネタリウムドームの送風機は計算上1分以内に室内体積の空気を送り込みます。センサーはドーム内壁付近においたのですが、40分の投影後、数分で観覧者入室前の数値にまで戻っていました。
部屋としては非常に良く換気がされている部類であると思います。

移動プラネタリウムは安全だと多くの方に知っていただきたい。そして、移動プラネタリウムが全国各地で再開されますように・・・

 

神戸市立東灘小学校体育館に設置した6mドーム
2回目投影開始前のCO2濃度数値
3回目投影終了後のCO2濃度数値
4回目投影開始前のCO2濃度数値

いかがおすごしですか?

みなさま、いかがお過ごしですか?
緊急事態宣言が再び発令されて、人が集まる機会がまた大きな制限を受けることになりました。
家族や友だち、恋人、仲間たちと宇宙や星空について語り合いたいですね。プラネタリウムだけではないですが、人が集う機会は大きな制限を受けています。これからもしばらくは続くでしょう。
私たちはどのようにその場を提供できるか考えていきます。みなさんも、宇宙と星空について共感できる場を諦めないで下さいね。

星座傘ワークショップ@アクトパル宇治

2020年11月21日、宇治市野外活動センター・アクトパル宇治で、プラネタリウム投影と星座傘製作ワークショップをさせていただきました。
坂元はプラネタリウムに貼り付いたので、ワークショップはアクトパル宇治のボランティアスタッフの皆さんに担当していただきました。盛り上がったそうなのですが、その場にいられなくて残念・・・
天候にも恵まれて、天体観察、プラネタリウム、ワークショップと盛りだくさんな教室でした。

新型コロナウイルス感染症と移動プラネタリウムについて

新型コロナウイルス感染症が再び広がりを見せています。皆様も日々不安をもって過ごされているかと思います。

現在、移動プラネタリウムはもちろん、多くの遊びや学習の機会が失われています。それらを再び皆様に提供できるのか、いろいろ考えていかなければならないと考えています。
そんな中、第一波以降、様々な感染要因のリスクの度合いが見えてきました。その大半は飛沫感染、そして接触感染とのこと。教育の現場では活発な議論が重要ですが、それを押さえ込まないといけないことになってしまいました。Zoom等をつかった遠隔授業ではチャット機能をつかって議論も可能であり、教育の現場では遠隔で無くともこれらのようなツールを使っていくことが求められるでしょう。

さて、移動プラネタリウムですが、とりあえず、現行のシステムでもドーム内は常時空気の入れ換えがされています。子ノ星教育社のスタイルでは投影中の質問は大歓迎なのですが、今は我慢してもらうしかないでしょう。定員を抑え、アルコール消毒とマスクでリスクの少ないプラネタリウム投影を楽しんで戴けると考えています。

プラネタリウムをご検討の皆様、よろしくお願いいたします。

子ノ星教育社、楽天市場にショップをオープン!

6月19日、楽天市場に子ノ星教育社のショップをオープンしました。
取扱商品は4点からのちっさなお店です。宇宙・星空×教育に特化したアイテムをぼちぼち増やして行きます。気が向いたらのぞいてみてくださいね。

https://www.rakuten.co.jp/nenohoshi/

なお、楽天市場出店に伴い、教材の少数注文は全て楽天市場での取扱になります。大量の注文については別途ご相談下さい。今後とも、よろしくおねがいいたします。

3D番組「火星へGO! 3D」を公開しました!

子ノ星教育社・3D番組「火星へGO! 3D」をYouTubeで公開しました!

この番組はプラネタリウム番組「火星ってどんな惑星?〜火星へGO!2」を平面投影用3D番組として作り直したものです。一昨年に制作したものですが、活用の場がなかなか見つけられずにいましたが、新型コロナウイルス蔓延で外に出づらい今、公開することにしました。
ねのほしくんがロケットで火星に向かいます。あの衛星、あの探査車も登場します。昭和な人たちも感涙のあの着陸船も・・・
赤青メガネで楽しむアナグリフ形式です。メガネを持っていない方は赤セロファン、青セロファンで工作してもいいかも。
なお、Youtubeのシステムの都合上、番組は4分割されています。

2020/1/12、ハウスセレクション長浜

ハウスセレクション長浜さまで新年最初のプラネタリウム投影をさせていただきました。ぐずついた天気でしたが、雨もぱらつく程度ですみ、暖冬の助けもあり、屋外ながらも快適なプラネタリウムでした。

最終回にお母さんと小学校4年生の娘さんペアが2組。聞くと、星の動きの観察が宿題で出されているとか。投影後、特別にプラネタリウムを使ってアドバイスさせていただきました。
この時期、同じようにオリオン座の動きを観察する宿題が出ているという方も多いと思います。うまく観察できましたでしょうか?
これから観察するという方は、オリオン座全体をみるのではなく、三つ星だけに注目してはいかがでしょう。
観察のポイントは星座の位置(方位・高さ)と、傾きです。三つ星に注目すると観察しやすくなる理由は以下の2点。
・三つ星は直線で結ばれるため、傾きがわかりやすい
・星座全体でみるよりコンパクトなので、位置を確定しやすい 
是非是非、試してみて下さいね。